お地蔵さん

料識亭(ころんぶすのたまご)
ブログへ
お地蔵さん
つながり 一覧図表
ビジネス 一覧図表
安  全 一覧図表
科  学 一覧図表
感  謝 一覧図表
教育勉強 一覧図表
健  康 一覧図表
雑談会話 一覧図表
子 育 て 一覧図表
自  然 一覧図表
社  会 一覧図表
取り組み 一覧図表
習  慣 一覧図表
商  品 一覧図表
笑顔笑い 一覧図表
情報知識 一覧図表
色  彩 一覧図表
食 べ 物 一覧図表
心 構 え 一覧図表
世  間 一覧図表
政  治 一覧図表
組  織 一覧図表
文  化 一覧図表
「知識の組み合わせ遊び」へ と 「風土の探検」へ
2021年6月24日(木)
尾道 静かさを味わう「浄土寺から鎖場下へ」
 浄土寺と海龍寺の間を抜けて昇っていくと、ここが「観音のこみち」入り口で、木々の緑をバックに、心落ち着くところです。耳を澄ませると、………が。

 石造りの瑠理橋があります。この石橋はその昔、久保を縦に流れていた防地川の川下にあつた元借楽座前から海徳寺に向いかかつていた新橋で、この地名はいまでも残り、もとは木の橋であったが、大正四年御大典記念に寄付をつのり大金を投じ石橋にやりかえたものです。その後道路拡張のため取りこわし、その材料の一部で瑠璃橋をかけ、残った石材がいまでも浄土寺境内に残っています。

 この橋の東側に灯台型をした高さ約2mは十分あろう「御大典記念架橋碑」がたててあり、これも新橋とともに移されたのでしょう。石碑の鹿側に、移転にさいし彫り加えられた瑠璃橋の由緒が昭和七年の年号で刻まれています。

 橋の上から山側を見ると、小さな滝が見えます。このあたりにあった昭和4年高須町に移された御利益たかい蒼神神社跡にさしかかります。擁(よう)した瘡守(かさもり)神社跡のようです。癒守の瘡は「かさぶた」の瘡で、神社は昔は尾道の人々によって皮膚病に効能あり」とされていた。また、尾道が北前船の停泊港として栄えていたころは多くの人たちが信仰していたようです。
知識の組み合わせ遊び・風土の探検 履歴

日本人はインスリン分泌能力が低い民族!
鎌倉 深山幽谷の山寺といった風情がある「浄智寺」
豊かさを受け取ったら出す!
相模原西部 庚申信仰の“青面金剛”が本尊「勝源寺」
自分は価値のないダメな人間という意識が!
尾道 浄土寺下から尾道大橋へ
幸せは失ってはじめて気づくこと!
鎌倉 鎌倉の苔寺といわれる「妙法寺」
幸せなお金持ちの気分で行動するのです!
厚木 明治時代に日本武尊が祭神に加えられた「小野神社」
論理が重要なのか、感情が重要なのか!
尾道 四国の金刀比羅宮に向かって建つ「金毘羅大権現」
船舶による貨物輸送は格段に安い!
鎌倉 江ノ島弁天に恋した五頭龍が鎮座した「龍口寺」
「いただきます」「ごちそうさま」は誰に!
福山 鞆 ほぼ一直線に結ばれた寺町にある「慈徳院」
パソコンがあったらいいな!
尾道 ネコ好きに人気の「猫の細道」
グズグズ延ばしから抜け出るコツ!
鎌倉 鎌倉幕府の礎石 三浦大介義明の霊を弔う「来迎寺」
ジャガイモ(馬鈴薯)の料理はヨーロッパから!
厚木 水害に合い現在の地に移された「厚木神社」
上司が部下を信頼して権限を!
海老名 有鹿神社の別当寺であった「総持院」
その他 特 集

相武台公民館にて「台湾少年工と高座工廠」


 test1 test2
 参考にした書籍・場所
 この橋の東側に灯台型をした高さ約2mは十分あろう「御大典記念架橋碑」がたててあり、これも新橋とともに移されたのでしょう。石碑の鹿側に、移転にさいし彫り加えられた瑠璃橋の由緒が昭和七年の年号で刻まれています。
 橋の上から山側を見ると、小さな滝が見えます。このあたりにあった昭和4年高須町に移された御利益たかい蒼神神社跡にさしかかります。擁(よう)した瘡守(かさもり)神社跡のようです。癒守の瘡は「かさぶた」の瘡で、神社は昔は尾道の人々によって皮膚病に効能あり」とされていた。また、尾道が北前船の停泊港として栄えていたころは多くの人たちが信仰していたようです。






 ここから登って行くと不動岩に行きます。ただし、断っておかなければならないのは、けがをしてもだれも保証はしてくれません。
 元は修験の道であった鎖岩は三段階構造になり、第一の鎖岩、第二の鎖岩、第三の鎖岩と段階を踏むごとに足場も勾配もキツクなります。
“まち” 探 検 ト ッ プ へ
鎌倉 腰越  江の島