艮(うしとら)神社
尾道市長江一丁目  標高:15.2m
ウォーキング地図へ
 艮神社は尾道で最初にできた神社で、806年の鎮座です。806年というと平安時代の初めで、千光寺と艮神社は創建の年が同じになっています。
 同時期にこんな大きな神社と山にへばりつくような寺が建てられたのです。千光寺の工事はさぞ大変だったのでしょう。しかし、なぜこんなに近くに同時に大きな寺と神社を建てなければならなかったのでしょうか。

 拝殿は、切妻造に掘立柱を基礎とした「神明造り」で、江戸末期に再建されました。
 境内には、かつて艮神の南に形成されていた鍛冶屋町の者たちによって祀られていた金山神社があります。また当神社にはクスノキが群生し、最大のものは高さ約25m、幹は約8mにもなる大木で、樹齢900年とも推定されておリ、広島県天然記念物に指定されています。

 艮神社は大宝山(千光寺山)を背にして建てられています。参拝者はちょうど大宝山を拝する格好になります。艮神社と千光寺は何か関連があるのでしょう。

 ここから見ると大宝山(千光寺山)はきれいな神奈備型(円錐形、ピラミッド型)の山であり、また、艮神社には巨大な石があり、ものすごい気を放っているらしい。
 非常に神聖な感じを受ける神社ですね。

 この神社の真上を千光寺山へのロープウェイが通っています。ロープウェイの駅も直ぐそばにあります。

 “神様の真上をロープウエイで通るなんて”この感覚は尾道的なのでしょうか。尾道には神様も仏様も(隣近所に)たくさんいらっしゃるので、あまり気にしないのですね。

 大林宣彦監督の尾道三部作第2作「時をかける少女」のロケ地。
 1660年の銘があり、亀山(久保)八幡神社と同様の形をしており、市内で最も古いグループに属する。




「一に三つ星」の紋、毛利家(長州)と関係があるのでしょうか。
中村憲吉旧居へ A: B:  天寧寺塔へ:  天寧寺へ:A B  妙泉寺へ:
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ  5頁へ