お地蔵さん
お地蔵さん
料識亭(ころんぶすのたまご)
 頭の“トレーニング”に、いろいろな方々の“知識”を組み合わせて遊んでみてはいかがですか
        「知識の組合せあそび」プレゼンテーションへ 
'08年 '09年 '10年 '11年 '12年 '13年 '14年 '15年 '16年 '17年 '18年 '19年 '20年
一服
安  全
ブログへ
教 育・勉 強 子  育  て 世    間 心  構  え 感    謝 習    慣  情 報・知 識  
取 り 組 み 組    織 商    品 ビ ジ ネ ス 健    康 食  べ  物 笑 い・笑 顔  
社    会 文    化 政    治 つ な が り 雑談・会話 自    然    

引き算する暮らしを!
2019年
11月1日

(金)
 「引き算の暮らし」がいわれています。

 物が少なかった時代に育ったひとは、あまり考えずに、ついついモノを買ってしまいます。

 そして、ほとんど使わないまま置きっぱなしになってしまいます。

 むかしの江戸の生活は、何か危険なことがあれば、庶民は、ちゃぶ台とふとんをかかえて、すぐに逃げたようです。

 家が壊れても材料さえあれば10日程あれば、なんとかなったようです。

 自然災害が多くなってきた今、暮らし方を考え直すときがきたようです!

「注意する」と「心配する」は別のこと!
2019年
5月14日

(火)
 悲惨なクルマの事故、対応策はあるのでしょうか。

 「注意すれば」と言われますが、これは「言葉(知識)」をベースにしたもので、実際の行動に直結しておりません。

 余裕があれば有効ですが「とっさの時に対応ができるか」は、疑問が残ります。

 とっさの時に対応でくるのは、“感覚”で習得したものでしょう。

 ただし、筋肉の衰えていく状況に合わせ、常に感覚の補正を行い続けなければなりません。

 また、クルマを変えて時も、当然、感覚を補正しなければなりません!