Topへ
PHP文庫
2012/10/19
え02-15
江坂 彰
心軽やかに老いを生きる
 年を重ねてくると、健康やお金のこと、残りの人生をどう生きるかなど、ともすれば深刻になりがちだ。しかし、それは「心のあり方」一つ。握っていたものを手放してみよう。気持ちがラクになりますよ。
 本書は、「老いの徒然」と題した雑誌連載エッセイの文庫化。日々の出来事や世の変転に材を得ながら、「こんなに明るい『年の取り方』があるのか!」と元気が出てくるヒント満載の一冊。文庫オリジナル。
◇人生の計画はいつ変更してもいい
◇何事にも寛容な「仏教的生き方」がいい
◇シニアはお金を使って世の中に恩返しをしましょう
◇老人こそフリーターになりましょう
◇心配ご無用! 日本人は「いざとなったらできる」
◇七十五歳を過ぎたらアバウトに生きよう
◇人生には「勝ち」も「負け」もない。
 それぞれの生き方があるだけ
                        目次より
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/09/08 アメリカのハリケーンは台風とはケタが違い!
20/04/05 一歩後退して二歩前進!
18/10/18 「年の功」はもう不要になったのか?
17/12/20 ローマがなぜ長く繁栄したか学べ!
17/08/21 ロボットが、人類を絶滅に導く?
16/08/17 日本人の多くは、はっきりした信仰心はないのだろう!
16/06/04 なんじ自身に誠実であること!
16/03/01 東日本大震災未曾有の大混乱の中で!
15/11/06 “時計年齢”ではなく、“心年齢”で生きる!
15/09/09 「食わず女房」の話!
15/06/10 敗戦に至る十年ぐらいの間だけ、特におかしくなった!
14/12/01 一隅を照らす、これすなわち国宝なり!
14/11/11 西洋文明の限界が見え始めてきたのでしょうか?
14/07/03 原住民達の進んだシステム!
13/11/26 浄土は、平和な世界で、仲良く暮らせるところ!
13/10/30 仏教の真髄は「捨」ということを教える哲学!
13/10/14 古きよき伝統が商売として残っているのはごくわずかの国だけ!
13/07/23 葬儀費用の平均は!
13/07/16 ゆっくりあるべきものを早くしてしまった!
13/04/19 一番必要なのが「儲けぐせ」だ!
13/02/09 京都はシニアライフに役立つ知恵に満ちている!
13/02/08 楽観主義者とつき合うことを心がければ!
13/02/04 茶の湯は最大のヒーリングの方法!