Topへ
PHP文庫
1995/05/15
か05-14
加藤諦三
「自分づくり」の法則
他人に“心”を支配させるな
 自分をいつわらなくても、本当は、他人はあなたのことが好きなのである。それなのに、気に入られようとして自分をいつわり、消耗する。他人に気に入られるために、特別に何かをしなければならないと感じてしまう。これは、まったくの錯覚である。しかし、なぜ、そのように錯覚してしまうのか? なぜ、実際の自分を隠そうとするのか? そして、どうすればいいのか? それが、この本のテーマである。
 あなたは他人の眼を気にしながら行動していないか? 自分の素直な感情を抑圧していないか? 本来の自分にさからっていると、生きることがつらくなる一方だ。本書は、自らも精神的自立に苦しんだ体験を持つ著者が、強い自我を確立するための41の法則を明快に解き明かす。もっと行動的になりたい、もっと楽しく人とつき合いたい、という人に贈る人生論!
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
22/11/05 やさしい人は他人のイライラに感染しやすい!
22/03/14 無意識に子供にしがみついている場合がある!
19/02/09 親が神経症的であるとどうなるか!
18/06/06 両親をあるがままに見て育った子供!
17/06/20 わが子には「反省を求めない」こと!
16/08/07 相手に気に入られようとする、は辛さを生む!
15/05/04 幸福になると決断力が出てくる!
15/04/28 自尊心を子供の心の中に!
15/04/14 うつの薬を飲んでも一向に改善しない人!
15/02/21 世間に対して不作法は許されない、と!
15/01/23 自尊心を守るため、“個性、個性”と大合唱!
14/12/19 「家庭」も小さな組織である!
14/10/02 日本人は過保護の環境の中で、ぬくぬくと生きている!
14/09/16 今までのつき合いの範囲をこえて!
14/04/05 マイナス要素を1日一つ減らす!
14/03/17 子どもは育ってあたりまえと思うようになった!
13/05/28 俺は自分のことなんか、どうだっていいんだ、と言う人!
13/04/15 “立派さ”を求めつづけられると!
13/01/11 喜んでほしいと願って協力できる人を多く創る!
12/09/26 心の底にある感情が“不安な人”がリーダーになると!
12/09/15 日本でもっともうつになりやすいのは!
12/01/25 衣食が足りると、人間は冒険を求める
12/01/18 自分のある人は、怒りや悲しみをしまっておける場所がある!
12/01/17 かわいげのある人の具体的な態度・行動! 
11/10/06 人に会うことによって、本当の自分と会うことから疲れる!
11/09/24 自分に対する期待をもっていない人!
11/08/31 「ありがとう」は人間関係の最高の潤滑油!
11/08/28 心やさしい人だけが、やさしい人を見分けられる!
11/05/15 人間の心は理屈でなく、感情によって動かされる!
11/05/13 自分のできるこを、どんどんやっている人!
11/05/10 みかけは謙遜のようであるが、萎縮している人が少なくない!
11/03/26 信念は情熱に比べると十倍以上にもなる!
11/03/20 欠点を含め、自分で自分を受け入れる!
11/01/22 本当の自分を隠そうとした結果が自意識過剰!
10/11/17 自分がないから、怒りや悲しみをしまっておく場所がない!
10/10/28 何かにつけて失敗を叱られていた子供!
10/08/14 不満も満足も考え方のくせ!
10/06/23 一緒にいてあげること!
10/06/14 「家庭だ、愛だ」と大騒ぎする!
10/03/02 戸惑うばかりが人生ではない!
10/02/22 企業には、社会に対するマイナスを埋める発想がない!
09/12/10 集中力をつけるための、三分間イメージ・トレーニング
09/09/23 本当に悪いことをする人は「いい人」として人前に現れる!
09/07/21 “偽善”という言葉が、“ポーズ”という言葉に変わっている!