Topへ
れ02-16
丸山茂徳 監修/株式会社レッカ社 編著
あっ!と驚く「地球」の秘密
生命の誕生から温暖化のメカニズム、自転公転の謎まで
 「どうして海の色は青いの?」「地震を予知することはできるの?」「オーロラはどうやってできるの?」……。誰もが一度は考えたことがあるはず。本書は、生命の進化から地球内部のしくみ、新エネルギーの開発や海の誕生、異常気象の原因や宇宙との関係まで様々な"地球"にまつわる「なぜ?」にわかりやすく答える本。イラストや図解を豊富に掲載し、神秘の惑星の謎を解明する! 文庫書き下ろし。
☆本書の内容☆
○地球に生命が誕生したのはいつか
○史上最大の生物とは
○地球の中心はどうなっているのか
○海は水不足解消の切り札になるか
○ゲリラ豪雨が多発する理由とは
○GPSはどうやって場所を把握している?
○地球の寿命はあとどれくらいなのか
                     など
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/07/20 地球温度が2度上昇で、海面が1〜2m上昇!
20/05/17 必要な水の量は20世紀初頭の六倍以上!
20/03/04 ウイルスは突然変異を起こして性質を変える!
20/03/02 体温が上がると免疫機能が向上する!
18/10/12 質のよい水とは!
18/07/10 異常気象とは30年に一回起きる???
18/05/17 最後に富士山が噴火したのは!
17/04/27 液体の水、それは、生命そのもの!
15/10/30 都市部では液状化現象が怖い!
15/09/20 天災は忘れたころにやってくる!
15/07/02 バミューダ海峡の謎!
15/05/07 いつ地震が起きるのかを正確な予測は難しい!
15/03/08 「瀬戸内」といえば、危険な中にいる、ということ!
14/10/07 慎重な人とは、努力して余裕をつくり出している!
14/08/30 現在までに誕生した種の90%以上が絶滅した!
14/07/10 黒潮は1日出200kmも移動する!
14/05/04 虹の七色説はニュートンによって提唱された!
13/10/15 都市化にともなう環境の変化!
13/09/08 巨大な積乱雲が形成されてスーパーセルが発生する!
13/09/06 夏の積乱雲の直径は10kmになることがあり要注意!
13/06/20 100〜130mに及ぶ急激で大規模な海面上昇があった!
13/02/27 本当に地球外生命体は存在するのだろうか?
12/11/15 海洋深層水は豊富な栄養素が含まれている!
12/10/13 人類は、もう進化できないのではないだろうか!
12/08/22 土石流の前兆になる現象! 
12/07/24 異常気象の発生件数が今後増加していく!
12/07/23 自然エネルギーを利用の制約!
12/07/15 毎年毎年同じような水害に苦しめられるのか!
12/06/13 噴火状況の違いは溶岩の粘性の違い!
12/04/22 地震の波には「縦波」と「横波」がある!
11/10/12 1908年6月30日、直径160m以上、重さ700トン以上の隕石が空中爆発!
11/10/04 最後に富士山が噴火したのは江戸時代の宝永四年(1707年)
11/08/03 今から六千五百万年前のある日!
11/07/31 名前(台風、熱帯低気圧)で判断しないで!
11/04/25 津波は、水面が揺れて上下する普通の波とは違う!
11/01/11 なぜ海水に多くの塩分が含まれているのだろうか!
10/05/26 地震そのものが怖いわけではない!
10/04/25 子どもを一家の気象予報士にするとしっかりしてくる!
10/02/18 パラダイムが変わるとき!