Topへ
か21-15
川北義則
逃げない男の生き方
本音をどこまで通せるか
 臆せず悔いず、堂々と生きる---。いま日本の成熟社会で言動に責任を取らない男たちが増えている。それは格好や建て前ばかりを気にして、自分の本音から逃げているからだ。そんな毎日で本当に生きた証が残るのか? 本書は、「男が本音を通す」をテーマに衿持・流儀・継承・嗜好・異性など、"懐の深い人間"となる在り方を問う。
 もう一度、男が己の本音と向き合うための本。『男の本懐』を改題。
 男はもっとストレートに本音をぶつけて、逃げないで行動してほしい。いやなものはいや、ダメなものはダメと、理屈ではなく、はっきりと宣言して行動に移したいものである。
 世間を気にしすぎると、自分の生き方を見失ってしまう。あなたにとって世間とは一体何なのか? 何人、何十人、何百人の人があなたを知っているのか。多くても千人単位だろう。その人たちのために、あなたは自分の生き方を曲げてこなかったか。そんな狭い世間など気にしないで、自分の本音で生きるべきである。
                   本書「まえがき」より
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/07/22 子どもにペットを!
19/06/13 嘘を見破るには直観力が必要!
18/07/22 「○○をしてはいけない」!
15/12/03 かって個人主義が弱かった日本人!
14/10/26 明るく、屈託のない生き方に学ぼう!
14/10/04 今、男はどこかしょぼくれている!
14/09/14 観光客として日本をみてもらう!
14/09/08 どれくらい人様の面倒を見られるか、それが甲斐性でしょう!
13/11/24 音読と暗唱を繰り返し練習する!
13/10/16 少子化問題を解決するには、男も女も自分を磨く!
13/09/16 胎児のころから脳にも性差が出てくる!
13/07/29 戦後の貧困時代経験者は「貧しいのもいいぞ」がわかる!
13/06/07 「自分磨き」みたいなものにも積極的に金を使う!
12/11/21 外国語学習はヒアリングとスピーキングに専念!
12/09/12 一度決めたことは見直されることがほとんどない!
12/04/24 「お前の個人情報などナンボのもんじゃい」ということ!
12/01/04 「表ざたにしたくない」いわば不祥事の隠蔽工作!
10/07/01 幼児化した大人が蔓延している!
10/05/08 人は我がどうしてもとれない!
10/02/20 泣き虫は親によく叱られる子がなりやすい! 
10/02/09 個食はサルと同じ食べ方だという!