Topへ
と17-01
ドロシー・ロー・ノルト/レイチャル・ハリス
子どもが育つ魔法の言葉
 世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるべストセラーとなった子育てバイブル、待望の文庫化! 子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントが、この本にあります。「見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる」「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」など、シンプルな言葉の中に、誰もが共感できる子育ての知恵がちりばめられています。
 子どもは、いつも親の姿を見ています。ああしなさい、こうしなさいという親の躾の言葉よりも、親のありのままの姿のほうを、子どもはよく覚えています。親は、子どもにとって、人生で最初に出会う、最も影響力のある「手本」なのです。子どもは、毎日の生活のなかでの親の姿や生き方から、よいことも悪いこともすべて吸収してしまいます。(略)親がどんなふうに喜怒哀楽を表すか、どんなふうに人と接しているか。その親の姿が、手本として、子どもに生涯影響力を持ち続けることになるのです。
                 本書「はじめに」より
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/01/04 幼い子どもは家族の助け合いを見ている!
19/02/05 上手な嘘のつき方を教えるべき!
16/01/03 行事や親族の集まりは、子供にとって大切!
15/08/03 子供達は素直でピュアな心の持ち主!
15/02/27 「文華」「文花」が、「文化」に化けた!
14/10/23 目が「すごい」という表情をする!
13/05/13 人並みであることは、心の安定をもたらす!
12/08/01 弱いものこそがいじめられる対象!
12/07/29 いじめる側に立ったわが子!
12/05/20 とくに一歳からニ歳半にかけては、お母さんに甘える時期!
12/05/16 親子の絆が強い信頼で結ばれていれば!
12/03/26 子どもの教育には、ほめるという転落防止のストッパーが必要!
11/12/22 実際には何も社会的に貢献をしていない人!
11/06/17 どうして自分だけがこんな目に!
11/06/01 子供の時から、相手の立場に立ってものを考える習慣を!
10/12/07 正直であること、誠実であること!
10/08/04 弱者を助ける者がすばらしい勝者になろうとしている!
10/07/12 ギブ・アンド・ギブ!
10/06/23 一緒にいてあげること!
10/01/04 子どもは、ケガをしながら学んでいくもの!
09/12/31 大晦日に早く寝ると老けこんでしまう!