長慶山 正覺院 大巧寺(日蓮宗)
鎌倉市小町一丁目  標高:7.8m
ウォーキング地図へ
 「おんめさま」(おうめさま)の名で親しまれている安産祈願の寺。

 創建は1320年と伝えられています。

 本尊は安産の神様とされる産女霊神(うぶすめれいじん)。550年前の室町時代、難産のために死んで霊となり人々を苦しめていた女の霊を、当時の住職であった日棟上人が鎮め、安産の神として祀ったことから、安産の神として「おんめ様」の通称で親しまれるようになった。

 境内にて 季節ごとに多くの種類の花々がさきます。
 この寺は、はじめ大行寺(だいぎょうじ)といって十二所しありました。頼朝がある戦いのとき、この寺で練った作戦によって大勝したため、大巧寺と名を改めるよう命令したそうです。


 鎌倉市教育委員会発行「かまくら子ども風土記(13版)」より
 鎌倉駅の東口から若宮大路を横断すると入り口があります。
 「おんめさま」と呼ばれるようになったのには、次のような話が伝えられています。
 1536年(天文5年)、この寺の日棟がある日、比企ヶ谷(ひきがやつ)の妙本寺(みょうほんじ)の祖師堂(そしどう)にお参りするため、朝暗いうちに滑川を渡っていました。すると、一人の女が川原で泣き苦しんでいました。見ると、髪はふりみだれ、着物は血だらけでした。しかも、やせ細った赤ん坊を抱いているのです。
「あなたは、どうしてこんな所で苦しんでいるのですか。」
と日棟がたずねると、その女の人が
「私は、大倉に住む秋山
 「お上人様のおっしゃったようにお経を唱えましたところ、苦しみがなくなりました。お礼に私が生きていたときにためたお金を持ってきましたので、これで塔を建て、お産で苦しむ人を救ってください。」
 「塔を建て、あなたを、お産を守る産女霊神(うぶめれいじん)としておまつりしましょう。」
と約束しました。
 そこで日棟は、大倉の秋山勘解由という人に会い、このことを話しました。お金の包みを見せたところ、確かに亡くなった妻のものであるというのでした。
 さっそく日棟は、宝塔を建て、産女霊神をまつりました。
勘解由(あきやまかげゆ)の妻ですが、先日難産のため死んでしまいました。毎日ここを渡ろうと思うのですが、水が汚い血になって深さがわかりません。そのうえ子どもが乳房にすいついて泣くので、苦しくてたまりません。どうか、お助けください。」
と頼むのでした。
 そこで日棟は、仏の教えと、それを信じてお経を唱えれば、必ず苦しみはなくなることを話して聞かせました。そしてお経を唱えました。すると、いつの間には女の人は消えてしまいました。
 それから数日後、日棟の前に美しい女の人が現れてこう言いました。










 産女霊神が「おんめさま」と呼ばれるようになり、今でも安産を願う人達から信仰されています。

 鎌倉市教育委員会発行「かまくら子ども風土記(13版)」より
蛭子神社へ:  本覚寺へ:  鎌倉駅へ:
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ