Topへ
や18-05
山崎房一
子どもを伸ばす魔法のことば
やさしさと強さをはぐくむために
 「お母さんはあなたが大好きよ」「あなたはお母さんの宝物よ」「どんなことがあってもお母さんはあなたの味方よ」……やさしさと愛情にあふれた3つの“魔法のことば”で、子どもはみるみる変身します。本書は、子育てに一人悩むお母さんに、子どもが真にやすらげる家庭のあり方や、「甘え」や「わがまま」さえも包み込む大きな愛についてアドバイスします。
 重症のチック症に苦しんでいた5歳の真由美ちゃん。お母さんは彼女を抱き寄せ耳もとでこうささやきました。「お母さんは真由美ちゃんが大好きよ」「ほんとう? ママ、いまのことば何度もいって」お母さんは何十回となくこのことばをくりかえしました。そのときお母さんは、下の子ができてからは、一度も真由美ちゃんにやさしいことばをかけたことがなかったことにはじめて気がついたのです。「ゴメンネ。真由美」お母さんの目から落ちた涙が、お母さんの腕の中で眠りはじめた真由美ちゃんのおでこのうえにポトリと落ちました。真由美ちゃんのチック症はそれから数ヵ月後、うそのように治りました。じっさいにあった本当のはなしです。
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
18/11/27 ゼロ歳の時から健全なこころを育てる!
17/08/29 “甘やかし”は子どもへの過干渉!
15/08/21 クールに判断するとは!
15/07/29 兄弟(姉妹)を競争心で育てるとしくじってしまう!
14/05/07 あるがまま、なりゆきにまかせよ、じたばたするな!
14/03/18 あそびの世界とは子ども心に戻れる世界!
13/04/06 親と子の価値観が対立した場合には!
12/09/08 現在の教育は“先んじるための教育”!
12/08/09 親子の間では本音で話したほうがよい!
12/07/13 すべて「横の関係」で処理しようとするのは危険!
12/05/20 とくに一歳からニ歳半にかけては、お母さんに甘える時期!
12/03/26 子どもの教育には、ほめるという転落防止のストッパーが必要!
11/11/03 「生きる力」をつけること!
11/07/27 教師と学生との旧来の関係は成り立たなくなる!
11/07/13 飴とムチの方式、スパルタ教育!
11/03/13 社会に適応するためには自発性が必要!
11/02/06 ないものねだりをするお母さん!
10/12/12  人を見る立場とは人を愛でる立場!
10/11/11 人に何かを頼まれたり、頼んだり!
10/07/01 幼児化した大人が蔓延している!
10/02/23 相手の言うことに、とことん耳を傾けて!
10/01/11 子供時代に、小さな成功をたくさん積んでおく!
09/11/27 子どもなりの不自由な生活をさせること!
09/11/22 目は、真心をそのまま表す! 
09/08/29  こころの中にやさしいお母さんがいるから、強く生きられる!
09/08/17 “ガミガミ”が良いこころを封殺!
09/08/10 活気に満ちた職場をつくるのは“勢い”!
09/07/21 “偽善”という言葉が、“ポーズ”という言葉に変わっている!