Topへ
ハ06-01
春田俊郎
自然界83の謎
地球が生き残るための智恵
 常に自分の周辺の自然に関心を持ち、どんな当り前のようなことでも、観察し理解していくことが進歩の道であろう。そうして自然に親しみを持っている間に、自然の構造や摂理を見つけることができる。これがやがて自然を保護しなければならぬという気持を引き出し、各種の公害を防ごうという決意に変わり、人を愛し、自然を大切にするという基本を学ぶことになることを期待するのである。
 「桜のつぼみは一度寒い体験をしないと開かない」「ウナギは百メートルを超える滝の岩壁を歩いてのぼる」……自然は、多くの謎に満ちている。本書は、そんな自然界の「不思議」を、長年のフィールドワークで鍛え抜かれた鋭い観察眼を通して、正確に、そしてわかりやすく解明する。  いま、地球環境の危機が叫ばれ、自然保護の動きが高まる中で、「自然とは何か」「人間は自然とどのように付き合うべきか」を示唆する。とてもエコロジカルな科学エッセイ。
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/07/18 龍安寺の石庭、コケの美学!
13/10/27 海が存在するためにの条件!
11/06/06 がんや動脈硬化などは活性酸素が関係する!
11/05/08 自然に反する生き方がいかに悪いかは明白!
11/01/11 なぜ海水に多くの塩分が含まれているのだろうか!