Topへ
い72-01
石原結實 監修/石原新菜 著
「体を温める漢方」で不調を治す
 低血圧、貧血、頭痛、生理痛、冷え性、肩こり……重病とは言えなくても、日々つらいと感じるこれらの症状は、西洋医学で根本的な治療は困難。しかし、漢方はこのような不定愁訴こそ得意分野なのです!本書は、石原先生が提唱する「体温を上げる漢方と生活習慣」を症状別に紹介しつつ、漢方医学の考え方や治療法をやさしく説いた入門書。この一冊でつらい症状と、もうサヨナラ! 文庫書き下ろし。
 本書の内容
・西洋医学の限界
・体のバランスを保つ「気・血・水」
・「虚証」「実証」ってなあに?
・不妊に効く漢方薬
・便秘に効く漢方薬
・食べすぎが病気をつくる
・塩は悪者?
PHP文庫紹介
CD:
著者
題名
副題
解説
紹介
Blog
掲載日
標               題
20/01/22 リンパの働きをよくすると!
19/05/10 血液中の栄養素が過剰になると!
19/02/21 肩こりには、からだを温めよう!
19/01/14 血の機能が衰えた状態が「血虚」!
17/06/26 漢方は体にやさしい!
15/08/23 医者に「体が冷えます」と言っても!
15/01/12 有酸素運動をべースに筋肉の負荷運動を加える!
13/09/04 日本人の食生活がこの半世紀で激変した!
13/03/26 体は飢餓状態には強くても、飽食の状態には弱い!
13/02/26 大した運動量をこなしていない現代人には!
13/02/18 私たちの歯は32本、その構成は!
12/01/20 食べすぎると免疫力が低下する!
11/12/25 東洋医学と西洋医学はつねに対立してきた!
11/07/09 サーチュイン長寿遺伝子!