Topへ
い44-01
市田ひろみ
気くばり上手、きほんの「き」
仕事も人間関係もうまくいく心のマナー
 思うようにすすまない仕事にイライラをつのらせたり、友人や家族とのトラブルにウンザリしているあなた。「おかげさま」の気持ちを忘れていませんか? 本書は、日本のよき伝統が息づく京都に育ち、OLや女優、美容師をど豊富な経験を持つ著者が、人として、女性として知っておきたい“気くばりのコツ”を開陳します。身近な人との絆をより深め、新たなご縁を結ぶヒントがいっぱい。文庫書き下ろし。
 相手の心を思いやる、つまり相手が何をのぞんでいるか、何をしてほしいと思っているか、相手の心の中をよめるようになるには、常に自分が謙虚でいなければならない。実は、気くばりも経験なのだ。他人の経験をなぞっていけば、やがてそれも自分のものになるだろう。「気のきかん人や」から、気くばり、目くばり、心くばりの出来る人になって幸せな人生を作ってゆけるように、「気くばり上手」になってほしい。
                  本書「はじめに」より
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/07/14 仲のよい夫婦のもとで育つと!
20/05/01 教養は、鍋料理である!
19/10/04 恨みからは何も生まれない!
18/12/09 相手も忙しいかもしれないと想像してみる!
16/10/04 手紙は気持ちを整理する効果がある!
16/06/10 健全な自尊心が人生の舵取りをする!
16/04/12 失敗を怖がり、何もしないと!
16/04/05 「個性的な服ですね」……本当は!
12/06/15 「価値観」という強力な道具を持つ人間が過ちをおかしてしまう!
11/09/25 昔、母親と喧嘩している中学生などはいなかった!
10/10/19 答えたくない質問はどう切り返せばいい?
10/01/05 「答え」だけを求めたがる人たちが多い!
09/11/25 人間がストレスなく上手に使える道具をつくるのが科学技術の原点!