大雄山 正法寺 (臨済宗妙心寺派)
福山市鞆町後地  標高:4.5m
ウォーキング地図へ
 1598(慶長3)年に創建された臨済宗の「正法寺」。京都の東福寺派・守意を開祖とした400年の長い歴史を持つお寺で、江戸時代には朝鮮通信使の常宿としても利用された名刹です。

 境内のお堂には、鞆町の信者により寄進された十六羅漢像が安置されていますが、実はもうひとつ、隠された十六羅漢があるのです。それが、奥座敷にある十六羅漢の屏風絵です。この水墨画は、鞆の絵師・門田勝人さんの筆によるもの。ふたつの十六羅漢、ぜひ鑑賞したいものです。また、お寺の鬼門の北方には、毘沙門天も安置されています。
 釈迦からこの世にとどまり仏法を護るように命じられた十六羅漢

 1.賓度羅跋羅堕闇尊者(びんどらばらだじゃそんじゃ)
 2.迦諾迦伐蹉尊者(かなかばっさそんじゃ)
 3.迦諾迦跋産堕閣尊者(かなかばりだじゃそんじゃ)
 4.蘇頻陀尊者(そひんだそんじゃ)
 5.諾矩羅尊者(なくらそんじゃ)
 6.跋陀羅尊者(ばだらそんじゃ)
 7.迦哩迦尊者(かりかそんじゃ)
 8.伐闍羅弗多羅尊者(ばしゃらほったらそんじゃ)
 9.戎博迦尊者(じゅはくかそんじゃ)
 10.半諾迦尊者(はんたかそんじゃ)
 11.羅怡羅尊者(らごらそんじゃ)
 12.那伽犀那尊者(なかさいなそんじゃ)
 13.因掲陀尊者(いんかだそんじゃ)
 14.伐那婆斯尊者(ばなばしそんじゃ)
 15.阿氏多尊者(あしたそんじゃ)
 16.注荼半託迦尊者(ちゅうだはんたかそんじゃ)

 羅漢とは、悟りを開いた修行者という意味です。




安国寺へ:  慈徳院へ:
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ