東福山 清源院(曹洞宗)
厚木市三田  標高:51.8m
ウォーキング地図へ
  
 1050年天台宗の桓瞬和尚が開山と伝わる古刹。一時は荒れてたこのお寺を再建したのは、曹洞宗の天巽和尚。
  
  伊豆の伊東一族の子孫と伝えられている、伊東九郎三郎政世は源清院を菩提寺とし、源清院本堂裏には、政世をはじめとする伊東一族の宝筐印塔が並んでいる。
  
 天巽和尚は、足柄の最乗寺15世を勤めた人、最乗寺での務めを終えられて沼田の龍華院に帰る途中、上州で起きた戦乱に巻き込まれることを避け、上荻野にある松石寺に足止めされていたとき、松石寺の住職の地位を譲られた天巽は、三田にあり荒廃していた天台宗清源院の再建に乗り出す。曹洞宗に改められた清源院は、天巽派の寺院として復活を遂げる。
  
 1748年に関東の曹洞宗を取りまとめている関東三箇寺(大中寺、總寧寺、龍穏寺)から曹洞宗僧侶の修行道場として認められ、天巽派の代表寺院としての地位が確立した。お寺に伝わる1846年の人別書上には、57名の僧侶と8名の下男が居住していたことが記されている。
 奉行所の裁定と修業道場の認可により、多くの寺院を束ねる天巽派門首寺院として寺院としての地位が確立した清源院を筆頭寺とした「天巽派門末帳」には、その子院、子寺が144寺が挙げられ、お寺の興隆を知ることができる。
  
 厚木市三田に曹洞宗の巨利、東福山清源院があります。三田地域のほぽ中央、西方丘陵、緑したたる森の中に所在し、禅宗としての巨刹です。この地は、昔北条氏の家臣、越智弾正忠の館跡とも伝えられ、清源院の本尊薬師如来像は、天正年間、越智出雲守の寄進によると伝えられます。
 中世末期、天台宗を曹洞宗の名僧、慶順和尚の同時再興によって改宗されたもので、近世においては曹洞宗のこの地方における中心として権威をもっていました。
 末寺30余ヵ所、孫末寺125ヵ寺を数えている。同寺の建物は江戸時代中期に炎上し、




天保年間以降の再興になるものが現存しています。
 同寺の縁起によると平安時代、伊豆天城山麓の伊東家の香華院として建立されたと伝えられ、江戸時代に入って旗本、伊東氏の菩提寺となりました。

 「厚木の観光ポケットブック」(厚木市観光政策課発行)






八幡神社へ:  日吉神社へ:
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ  5頁へ