済法寺裏山 石仏群
尾道市栗原東一丁目  標高:38m ~ 80m
ウォーキング地図へ
 済法寺の裏山斜面に多くの磨崖の羅漢像が刻まれています。 済法寺の裏山の一面に広がる巨岩に、釈迦如来座像を頂点として、4段ぐらいの岩群に、光背状に彫りくぼめて半肉彫りする十六羅漢磨崖仏があり、江戸時代の尾道石工の技術の切れをノミ跡に見ることができます。
十六羅漢

 お釈迦様の弟子で特に優れた代表的な16人の弟子を十六羅漢といいます。仏教を護持しようと誓ったとされる弟子達です。羅漢は阿羅漢の略で,供養に値する人という意味です。

 羅漢は阿羅漢あらはんの略で、サンスクリット語の「arhat(アルハット)」が語源。 直訳すると「・・・するに値する人」「受ける資格のある人」という意味です。 これから発展して「修行を完成して尊敬するに値する人」「悟りを得た人」「悟りをひらいた高僧」を指します。

 昔からたくさんある羅漢さまを一体一体ゆっくりと眺めてゆくと、必ず自分の親や知っている人によく似たものが見つかると言われます。 羅漢さまとはどんな人なのでしょうか?
    頂上の釈迦如来坐像
    存在感がある釈迦如来座像
  十六羅漢 羅怙羅(らごら、ラーフラ Rāhula)
       釈尊の実子




    済法寺七代住職、牧元喝童和尚
済法寺へ:
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ  5頁へ