Topへ
か05-40
加藤諦三
人生の重荷をプラスにする人、マイナスにする人
 人生における嫌なこと辛いことにあえて挑戦して、自信を持つ人と重荷に押し潰されそうになる人---その違いは単純なところにある。幸せになる人は、岐路や逆境に立たされたとき、楽なlまうを選ばない。間題が起きても逃げない。その生き方の積み重ねが幸せにつながるのだ。本書は、人生の重荷を正面から受けとめ、前向きに乗り越えることの大切さを説く。きっと勇気がわいてくる人生論。
自分の過去の解釈を間違えないでほしい。
悩んでいるあなたは、
きっと素晴らしいことをしてきている。
あっぱれなことをしてきている。
自信をもっていいことを、
たくさんしてきているのである。
発行所
書籍CD
初版発行日
著者
題名
副題
解説
紹介
参考
備考
Blog
掲載日
標               題
20/08/01 「人」によく思ってもらいたい!
20/01/18 互いに生きていくために家族がある!
17/08/17 「学校が悪い」がだいたいの論調!
17/02/05 昔に比べて幸せな顔になっていないのは?
16/11/26 何をするのも安易だと!
14/01/17 満足がなければ仕事は辛いだけ!
13/12/11 いま一番あなたの時間を奪っているのは決断の時間!
13/11/08 ついつい失礼な要求に「いい顔」をしてしまう!
12/03/23 「自分の土俵」をもっている人ほど打たれ強い!
12/03/10 「立入禁止区域」を作っていないだろうか!
11/12/22 実際には何も社会的に貢献をしていない人!
11/03/23 悲劇的状況に陥ったと感じた時には!
11/03/04 つきあいベタは、人間関係の基本を知らないから!
11/02/13 いい人」と思ってもらいたい! 
10/03/10 「いきいき、楽しく、元気に」しているかという単純なモノサシにする!
10/01/08 人生の重荷を背負うことが、その人に自信を与える!
09/08/24 「おかしな連中」は排除してしまおう、といった空気!