千光寺山頂 → 千光寺へ 「文学の小路」
距離:240m 標高 出発:143.7m 到着:96.6m 最高点:143.7m 最低点:96.6m
ウォーキング地図へ












 金田一 京助

 かげともの をのみちの やどの こよなきに たびのつかれを わすれて いこへり
 江見 水蔭

 覚えきれぬ 島々の名や 夏がすみ
 アイヌ文学の研究で知られる言語学者。石川啄木の親友で、彼を金銭などさまざまな面で支えた。(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)
 尾崎紅葉が主宰した硯友杜の同人として知られる小説家。主著は「自己中心明治文壇史」。岡山市生まれ。(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)












 志賀 直哉  (暗夜行路より)
 六時になると上の千光寺の鐘を撞く。ごーんとなると直ぐゴーンと反響が一つ、又一つ、又一つ、それが遠くから帰ってくる。……
 1912年秋から、翌1913年の中頃まで尾道に住み、その情景を代表作「暗夜行路」に描いた。この碑は、画家の小林和作が筆をとったもの。(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)












 林 芙美子  (放浪記より)
 海が見えた。海が見える。五年ぶりに見る尾道の海はなつかしい。汽車が尾道の海にさしかかると、煤けた小さい町の屋根が提灯の……
 緒方 洪庵

 軒しげくたてる家居よ あしびきの 山のおのみち 道せまきまで
 1916年に尾道に移り住み、尾道第二尋常小学校(現・土堂小学校)、尾道高等女学校(現・尾道東高)で学んだ。この碑は小学校時代のの恩師小林正雄が筆をとった。
(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)
 幕末の蘭学者で、天然痘治療などに貢献し、日本近代医学の祖とされる。岡山市出身で、幕府の侍医も務めた。
(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)












 巌谷 小波 (おとぎばなし作家)

 大屋根は みな寺にして 風薫る
 硯友社同人として小説家デビューした後、児童文学に転じて、日本や世界のおとぎ話をまとめた。
(Onomichi Official Guide Book より 発行:尾道市)
1頁へ  2頁へ  3頁へ  4頁へ