Topへ
か09-09
笠巻勝利
人づきあいがラクになる77のヒント
職場、家庭から友人関係まで
 「あの人とは何故かソリが合わないな」「会釈くらいしてくれてもいいのに…」。毎日顔を合わせなければならない職場には、そんな人が一人や二人はいるものです---そのようなときに、この本を開いてみてください。「笑えば悪いものはみんな出て行く」「ときには、相手は自分を映し出す鏡だと思ってみる」など、フッと発想転換できるアドバイスが満載! 人づきあいに疲れたとき読む本。文庫書き下ろし。
 苦手な人や困った人のことで悩んでいる人は、相手を変えることは難しいかもしれないが、自分が変わることによって相手を変えるということを考えてみるのも対策の一つである。私たちは、必要に応じて、「水は方円の器に従う」という言葉のように、水のような、柔軟な対応をすると人間関係も、仕事もうまく運ぶ場合が多いと考えてもよいだろう。(略)
 本書が、今までの人間関係を見直してみたり、これからのいい人間関係をつくるための参考となることを願って、「はじめに」の言葉としたい。
                      本書「はじめに」より
PHP文庫紹介
CD:
著者
題名
副題
解説
紹介
Blog
掲載日
標               題
20/03/16 体に触れると親密感が高まる!
13/12/12 「さわやか」に言うようにしたいものです!
13/11/12 老子は、「水のように強く生きよ」と説いた!
13/10/24 職場や職業を離れて親しまれる人間になろう!
13/03/08 他人の顔色をたえずうかがい一喜一憂して暮らさなくては!
12/08/06 あなたは、“美しいことば”として、どんなものをあげますか?
11/11/30 相手に対する批判と判断を捨てたとき!
10/12/10 戦国時代には、必ず強者が相続した!
10/04/28 「笑顔を絶やすな」といわれますが!
10/02/14 嫌いな人とコミュニケーションをとるコツは!
09/08/08  自分の感情や感覚の声に耳を貸さず、常識で暮らしていませんか?