興楽山道山院 本願寺(時宗)
福山市鞆町後地  標高:6.5m
ウォーキング地図へ
 開基は鎌倉時代の一遍上人と伝わる由緒ある時宗寺院です。開祖一遍は文永1274年、熊野権現の証誠殿の神殿において悟りを開いた後、16年間全国を遊行し1289年に神戸の観音堂で歿した人です。

 元は沖見堂(沖御堂)と称して鞆港に近い西町にありました。「沖見堂」の名称から、航海の安全を保つ灯台の役割を果たしていたのではないかという説もあります。

 寺領も広く、境内に五坊を有する大伽藍でしたが、毛利氏に寺領の大半を没収され、その後福島正則によって行われた慶長年間の町割りで町の北の端にあたる現在地に移転しました。江戸時代を通して、朝鮮通信使の定宿でもあったのですが、明治以後は衰退の一途をたどり、無住の状態が続いていました。

 無住だった本願寺も1972年、原井友治氏が父友吉氏の遺志を継いで自ら住職となり本願寺を再建、更に原井友三氏が四九代住職として本願寺を維持しています。
 福山藩では時宗の寺院は珍しく、江戸時代、福山領内の時宗寺院はいずれも鞆の浦にある原村の永海寺と、西町の本願寺の2寺だったそうです。永海寺はその後焼失して廃寺となってしまったので、現在は本願寺のみが孤塁を守っています。開基一遍上人の立像も安置されています。
 
 時宗寺院の多くは海港に分布しています。福山の鞆には興楽山陽場院本願寺、雲波羅山福寿院永海寺があったのですが、永海寺は1754年に焼失し今はありません。本願寺は古くは澳(沖)の御堂と言われた。隣の港町尾道には海徳寺、常称寺、海福寺、西郷寺、慈観寺等が存しています。尾道の時宗寺院で最も古いと言われる海徳寺も沖の道場と言われ、かつては尾道港の沖にあって常夜燈をつけて行き交う船の標となっていたのではと推察され、本願寺もかつては現在の場所ではなく海辺に寄った所にあり海徳寺と同じ役割を果たしていたのではないでしょうか。ちなみに寺院の呼称に沖を用いるのは時宗のみだそうです。




  善行寺へ:  慈徳院へ:  大観寺へ:  顕政寺へ:
1頁へ  2頁へ