龍渕山 天應院(曹洞宗)
相模原市南区下溝  標高:73.3m
ウォーキング地図へ
 戦国時代に八王子を中心とした大石定久公(八王子滝山城主)の統治により、心源院、天應院等が季雲永嶽大和尚を開山にして、明応4年に建立されたと考えられます。

 虚空蔵菩薩を本尊とし、9石7斗の御朱印を賜り、5世太蔭師の時代、北条氏照の娘貞心尼を中興開基として、明応4年(1495)に当地に中興開山したと伝えられます。

 徳川家光の養育役であった青山忠俊により再中興されています。明治時代には、当地に麻溝小学校の前身にあたる下溝学校を開校、また下溝の松原集落にあった薬師堂を当地に移転、この薬師は関東九十一薬師霊場19番です。

 また、本堂、客殿、庫裡の新築が平成23年4月に終了し、落慶式を迎えました。




 山号額 月舟宗胡禅師筆。
 六地蔵
 京都では古いころから、毎年七月の二十四日には六地蔵詣りといって、多くの人が近在の村をまわって歩きました。村の方では休みどころをつくってお茶を出し、子供は道のはたの石仏をひとつ所に集めて来ました。そうしてその顔を白くぬってすべてこれを地蔵となづけ、花をたてて食べ物をそなえて、
町から来た人に拝ませました。夏の夕方の地蔵祭りは、村の子のもっとも楽しいときで、三角にむすんだ小豆飯の味は、年をとるまで誰でもよくおぼえています。土地によっては寒い冬のなかばに、地蔵の祭りをした所もあります。


下溝八幡宮へ:  原当麻駅へ:  御嶽神社へ: