総持院
海老名市河原口  標高:21.5m
ウォーキング地図へ
 「新編相模国風土記稿」では、山号は海老山万蔵寺とされています。
 本尊は、木造虚空蔵菩薩坐像で脇侍として不動明王像と毘沙門天像が安置されています。本尊は、作風から室町時代末期から桃山時代頃に造立され、元禄14年(1701)に江戸の仏師・石見によって修理された記録が残っています。不動明王像と毘沙門天像は、元禄14年(1701)に仏師・石見によって造立されたことがわかっています。

 また、大山寺(伊勢原市大山)の鉄造不動明王を模して江戸時代に鋳造されたと考えられる銅製不動明王坐像があります。この不動明王坐像と同鋳造と推i定されるものが西善院(寒川町宮山)ほかにもあることから大山信仰によって流布されたものと考えられています。

 この他、貞享5年(1688)に修理された記録が残る木造地蔵菩薩半珈像があり、作風から江戸初期に造立されたと考えられています。
 弘口牛大徳が開山、藤原広政が開基となって天平勝宝6年(754)に創建されたと伝えられています。
 (「自然と歴史のさんぽみち」(海老名市教育委員会発行)より転載)




有鹿神社へ: