善勝寺(真言宗)
尾道市長江一丁目  標高:17.9m
ウォーキング地図へ
 開基は、遠く天平の世、諸国に建立された頃と伝えられている。古くは禅宗で善性寺といい、1573~1591年尾道権現山城(千光寺山城)主杉原民部太夫元垣の菩提所となった。杉原氏の没落後は寺運も衰えたが、1596~1614年の頃、性意が中興して真言宗にかわり善勝寺と改名した。

 本尊は聖観世音菩薩(市重文)。これは一名「萩の観音」とも呼ばれている。現在の本尊は1694年住職隆慶・その弟子頼音のときに、当地の小物小屋浄甫が再建したものを1980年に修復したものである。1664年6月正遍建立の持仏堂がある。

 寺宝の「官人使馬之図」(市重文)の額は、当地橋本氏の祖次郎右衛門が海上で難風に遭ったとき、この寺の聖観音に祈願して海難をのがれたので報恩のために異国からこの絵を持ち帰って本納したと伝えられている。
 山門の柵が閉まっている場合が多く、観光客には入ってほしくないという雰囲気をかもし出しています。 でも、境内に入れるようです。(野良犬進入防止のため閉めているようです。)




 本堂
中村憲吉旧居へ:  慈観寺へ:  御袖天満宮へ:  妙泉寺へ: